Designing Myself

«

»

2月
21

パクチーうどん!?ホーチミンに先月オープンした丸亀製麺ベトナム1号店に行ってきた

2014年1月1日、ベトナム最大の経済都市ホーチミンにイオンショッピングモールがオープンした。ペッパーランチや居酒屋NIJU-MARUなど日本でも人気の飲食チェーン店が多く収容されている。その中で今回気になって行ってみたのが、丸亀製麺だ。



海外に出ていると「ラーメン」はけっこうな頻度で耳にする。実際、ここホーチミンでも Ramen Bar Suzuki というお店のラーメンは日本で食べても美味しいといえるレベルであった。しかし、「うどん」は海外であまり聞かない…。

そんなわけもあり、丸亀製麺がベトナムに進出したというニュースは嬉しかったし、応援する意味も込めて行ってみることにした。そして、タイトルに書いたようにベトナム風アレンジを目の当たりにすることになった。

早速おみせへ入ってみると

店内は日本のそれと全く同じ。はじめに、どのうどんにするか聞かれるので、僕は釜揚げうどんを注文。お値段は、39.000ドン(約190円)。野菜のかき揚げがたしか18,000ドン(約85円)ほど。日本で食べるより2割くらい安いイメージ。

かき揚げはセルフ方式。


そして、日本では最後にお稲荷さんなんかがあるけれど、こちらではお寿司が陳列。



そして、トッピングには…


天カス、青ネギ、しょうが、ワサビ。そして、ん?


なんと、パクチー様がいらっしゃいました!!!


さすがベトナム。いや、これは丸亀製麺さんを褒めるしかない。きっとローカライズに際して色々と試行錯誤した上でのこの形式に辿り着いたのではないかと。

実際に、この丸亀製麺が入っているイオンショッピングモールの客層を見ると、95%以上ベトナムに居住している現地の方という印象。それを踏まえると、彼らの主食である麺料理にはパクチーが入っているわけだから、UDONのトッピングにパクチーがあるというのは素晴らしいアレンジ。

で、物は試しで実際にちょっと入れてみると、なんだか少しフォーっぽくなった気が(笑)。ただ、日本人の僕としては、普通に食べたほうが良いかなと。

ただ、これについてツイートしたところ、パクチーファンの皆さんから好印象なリプライがとんできたので一部ご紹介。

僕の元ツイート


反応抜粋






さて、500RTも超えたことだし、丸亀製麺さん日本でもぜひ笑

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... by Motoki Yoshida