シェアハウスはじめます。留学中に出会った仲間たち。

ブログ更新が滞っていましたが、ご報告をひとつ。

留学中に出会った仲間3人と共に、シェアハウスをすることにしました!

その3人はこちら。


Kenryu Sato, LA, @kenryu0810

Entrepreneur/Founder/Design Thinker
/Contribute to great education by inspiring students.


Toshihiko Kamei, San Francisco, @tolehico

San Franciscoとシリコンバレー辺りをふらついている人


Yasu Kobayashi, Seattle, @yasu_cs

HUBTokyo/U.Tokyo/Econ./U. W/HubSeattle/i-school2012/TEDxUT/#SocEnt/感情
Design/iLEAP/VIA-ESI2012/HPAIR
/TEARSkenya/India/SSEAYP09 YLS/LEAF/旅

スポンサーリンク

みなが米国西海岸への留学経験あり

僕らの共通点は、メンバー全員が米国西海岸に1年近く留学していたということです。北から南にかけて、シアトルのヤス、サンフランシスコのトシ、ロサンゼルスのけんりゅう、そして、サンノゼの僕。

そんなこともあり、シェアハウスの名前は、

West Coast House!!
(ハッシュタグは、#WCHouse )

もちろん、名前だけでは終わらせません。
住居人みなが英語を話せること、またビジネスへの関心が強いことなどを活かして、色々と面白いことができたらと思っています。

例えば、

  • CouchSurfing や Airbnb を利用して海外から日本へ来る人をサポートする
  • 留学、ウェブ、スタートアップなどに興味のある人にとってのハブとなる
  • コンセプト型コワーキングスペースとしてリビングを利用してもらう

などなど…

まだ計画段階ですが、これから煮詰めていきます。お楽しみに!

なぜシェアハウス?

僕がシェアハウスをやりたいと思った第一の理由は、
留学中に「周りの環境の大切さ」を思い知ったことです。

僕らは、無意識の内に周りの環境に少なからずとも影響を受けています。周りが遊んでばっかりなら自分も遊びに傾いてしまうでしょうし、周りが夢に向かって必死に努力していれば、自分もまた何かに目覚めるものです。

米国留学を通して、ガリガリ勉強してるような人たちをいっぱい見てきました。また、シリコンバレーという土地柄もあり、スタートアップに向けて急ピッチで準備を進めているような人たちもいっぱい見てきました。そのような環境は、いつも僕に「やる気」を与えてくれました。モチベーションを保つ一助となってくれました。

そのような「やる気」を日本でも維持できるのか?

少し不安でした。グローバリーゼーションなんちゃらでやばいぞって言っても、そこに実感が伴っていなければ、行動にはほとんどつながりません。

だからこその、シェアハウスです。

フェイスブックの前にて
現状で確定の友人3人はみんな尊敬できる人たちで、一緒に高めあえる気がしてます。あと、話してて楽しいですし!そのような友人と共に暮らすことを通して、お互いに刺激しあい、さらには、その輪を他の人達にも与えていければと思っています。

さいごに(ご協力いただける方いらっしゃいましたら…)

7月を目処にシェアハウスを開始しようと考えており、現在物件を探し中です。

もし、僕らのシェアハウスに共感していただき、物件探しのお手伝いをしてくださる方がいらっしゃいましたら、お声かけ頂けるとうれしいです。

不動産関連のお仕事をしていらっしゃる方、またそのような仕事をしている友人をお持ちの方、どうぞよろしくお願いいたします。

ご協力いただけましたら、シェアハウス内でのイベント等にご招待させていただきます!

またメンバーも確定は4名ですが、物件次第では一緒にシェアすることも可能です。

by Motoki Yoshida
@show_motto

P.S 友達へ
シェアハウス始まったら、ぜひ遊びにきてね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする